ツアーナースの求人はどのような形になるのか

「ツアーナース」とは耳慣れない言葉かもしれませんが、その名の通り、旅行に帯同する看護師のことです。 ツアーナースは、旅行代理店の求人に応じて正社員となっている場合もありますが、それほど多くはありません。むしろ、ツアーナースとして登録して、求人があればその時に働く、という形態が多いようです。収入は1日あたりの手当かける旅行帯同日数ですから、安定した月収が得られるという性格の求人ではありません。 しかも、旅行参加者の健康管理や、急病・ケガの際の適切な処置が求められるので、臨機応変の判断が求められます。しかも、帯同するのは1名であることが多いので、旅行中の健康に関すること全てがその双肩にかかってくる責任の重い仕事です。働く場は修学旅行であったり、お年寄りのツアーであったり、様々な年齢の人がいる旅であったりしますので、それに応じた対応も求められます。ただ、旅の途中で大過がなければ、旅行に同行して様々な地を旅行できる、という魅力もある働き方です。

ツアーナースはどのように募集されているのでしょうか。

ツアーナースの仕事は旅行や登山などに同行して参加者に対する看護業務を行うことです。仕事でありながらも一緒に旅行も楽しめる仕事ということで非常に人気がある仕事になります。しかし、実際に探してみるとなかなか求人を見つけることができないことに気づくでしょう。では、どのようにすればツアーナースの募集を見つけることができるのでしょうか。ツアーナースの募集は、ハローワークなどではまず見つけることはできません。また、看護師サイトの中でも扱っているところは非常に少ないです。募集を見つけるためには、短期のアルバイトなどを多く扱っている看護師求人サイトを利用することです。このようなサイトに登録しておくことでいい仕事が来た場合には、情報をまわしてもらうことができます。人気が有る仕事のため、基本的には登録している会員の中から採用が決まってしまうため、無登録の場合には求人に関する情報すらも回ってこないというのが現状です。ただ看護師転職 お祝い金制度などがあるのでとりあえず登録はしておきたいところですね。

海外でのツアーナースの仕事はあるのでしょうか

現在では社会のグローバル化が進み、旅行においても海外に行くケースが非常に多くなりました。それに伴ってツアーナースの仕事も国内にとどまらず海外の仕事も多く見られます。ツアーナースの必要性を考えれば、言葉が通じ医療が発達している国内よりも、言語が通じにくく、医療の利用が不便な海外のほうが必要性は高いのです。ツアーナースの仕事としては、現地における医療発生時の対応と参加者の事前書類に対する助言や書類作成、持病がある人や車椅子利用者の現地でのサポートなどが業務になります。緊急時にあわてることがないように、必要な薬は事前に用意しておいたり、緊急時に利用する病院について調べておくなど事前の下調べが非常に重要になってきます。この仕事は拘束時間が長いこともあり、高額な日当をもらうことが可能です。交通費や食費、諸費用なども原則としては不要な場合が多いです。そのため、トラブルがなければ無料で旅行を楽しむことができます。

沖縄でのツアーナースの仕事の特徴について

沖縄は全国でも人気のある観光地です。特に修学旅行などで行く学校は非常に多いため、ツアーナースの募集も多く見つけることが出来ます。沖縄の旅行は基本的には2泊3日以上の旅行になります。そのため、一回のツアーナースの仕事で5万円以上の収入を得ることも可能です。現地は暑いイメージもありますが、実際には冷暖房もしっかりとしているため暑さで体調を壊す参加者はそれほどいません。楽しみなあまりにはしゃぎすぎて体調を崩す参加者はいますが、安静にしていることで回復するケースがほとんどになります。沖縄にはソーキ蕎麦などの名物がたくさんあったり、冷たいデザートが充実しているなど食を楽しむことが出来ます。また、全国的にも有名な水族館や米軍基地、世界遺産などもありツアーナースとして参加しても一緒に観光を楽しむことが出来ます。しかし、台風が多い地域であったり、移動に飛行機を利用する旅行のため、トラブルも考えられます。想定して健康で安全な旅行となるよう仕事をしないといけません。

ツアーナースの仕事内容と給料はどの程度もらえるのかについて

ツアーナースの仕事は経験者の多くが楽しかったという感想を残している仕事です。雇用されて行うという形はほとんどなく、基本的には派遣会社や看護師求人サイトなどからの紹介によって行う仕事になります。ツアーナースには忙しい時期とまったく仕事がない時期があります。忙しいのは夏場の林間学校の季節や修学旅行の季節、遠足の季節などです。子供に対するお世話を行う場合が多いため、子供好きな人にはおすすめの仕事です。仕事は1日だけのものもあれば、海外への旅行で1週間以上のものもあります。給料は拘束時間に関係してきますが、泊りでの仕事の場合には一日あたり1万5千円以上の収入をもらうことも可能です。そのため、ツアーナースは短期間でおおくの給料をもらうことができる仕事といえます。しかし、24時間体制であるため、夜間でも病気の参加者が出れば対応することが必要となります。また子供が多いため、精神的なケアも大事になります。しかし、給料をもらいながら一緒に旅行を楽しむことができるため楽しい仕事です。

ツアーナースの仕事と参加する際の服装について

ツアーナースは旅行に同行して、参加者の旅行中のけがやトラブルに対応したり、持病を持っている人への健康管理を行う仕事です。最近では自閉症の子供が増加傾向にあることもあり、そのような子供が参加する修学旅行や、合宿、登山などのイベントにおいて、ツアーナースが募集されるケースが多くなっています。ツアーナースがいることによって参加者も安心でき、病気がある人もツアーに参加しやすくなります。仕事中は病院などの勤務のようにナース服を着用する必要はありません。むしろ、ナース服よりも動きやすい服装が好ましいでしょう。そのため、多くの場合は動きやすい私服の服装にリュックサックやかばんというのが定番の服装になります。また歩くことも多いため、ウォーキングシューズなどが好ましいです。ツアーナースの仕事は募集されたらすぐに応募があり締め切りとなる人気の求人です。そのため、仕事をうけるためには看護師求人サイトなどへの登録が必要です。

このページの先頭へ